2019.04.24

日雇い派遣の仕事がなくなり、家賃が払えず路上生活へ。 42歳/田中さん(仮名)

ユーザープロフィール

・年代 → 40代
・学歴 → 中卒
・職歴 → 正社員、アルバイト、日雇い
・いえとしごとに来た時の状況 → 日雇い
Q
いえとしごとに辿り着くまでの経緯を教えてください。
A
中学卒業後、正社員として印刷業界に就職しました。しかし、3年働いた後にリストラに遭ってしまい、その後20年間はアルバイトとして同業界で働き続けました。その後その会社が倒産してしまい、日雇い派遣で何とか食いつないでいましたが、毎日仕事があるわけではないので、家賃が払えなくなってしまいました。頼れる家族や友人もいないし、この先どうしたらいいか悩んでいたところ、いえとしごとを見つけて連絡しました。
Q
何故いえとしごとを選びましたか?
A
住まいも仕事も失ってしまったときに、一人では次どうしたらいいか考えられず、動けなくなってしまいました。いえとしごとは行政窓口から紹介してもらいましたが、頼れる人、相談に乗ってくれる人がいてくれるので、そこが一番の決め手でした。何が正しいのか、誰を信じたらいいかわからない中で、適切なアドバイスをくれるスタッフさんの存在はありがたかったです。
Q
どんな人にお勧めしますか?
A
その日暮らしの生活から抜け出せず、困っている人ですかね。生活の不安に襲われてしまうと、どうしても視野が狭くなってしまうし、手続きや窓口も何をしたらいいか難しくて、一人で悩んでも私は全然わかりませんでした。できれば所持金や貯金があるうちにすぐ連絡することをお勧めします。
Q
実際に働いてみてどうですか?
A
正社員として働くのは久しぶりだったので、慣れるまで緊張しましたが、週5日で仕事があるということがありがたかったです。寮付きの職場なので、まずは貯金をしたいと思ってます。お金が貯まったら、自分でアパートを借りたいなと考えています。
TOP