2019.06.10

ネットカフェ難民ってどんな生活をしているの?

皆さまこんにちは。
いえとしごと編集部です。



梅雨の季節になりましたね。
雨が多いと、現場系の仕事をしている方は、仕事が減ってしまい、給与にも影響が出るのではないでしょうか?



仕事が減ったことによって家賃が払えなくなり、家を手放した方が、仮の住まいということで、ネットカフェに泊まる人のことを「ネットカフェ難民」と俗に言います。
(最近では混みすぎてネットカフェを利用できない人のことも意味します)



今回は、ネットカフェ難民になってしまうと、どんな生活を送るのか紹介いたします。



漫画も読めて、ドリンクも飲み放題で、 ネットも使えるネットカフェ。
そこに住めるなんて嬉しい!と簡単に考えていませんか?



便利ですが、そこで「生活する」リスク面を 知っていただければと思います。



1.ネットカフェって?



ネットカフェとは、インターネットを使えるPCがあって、 ドリンクバーがあり、漫画も読めて、 仮眠をとることができる、24時間営業の施設のことを指します。
漫画喫茶とも言いますね。



最近は営業形態が多様化しているので、 ドリンクバーや漫画がない場所もあるため、 名称がネットカフェだけではなくネットルームと呼ぶ場合もあるようです。



終電を逃した後に、始発まで仮眠するために利用する人もいれば、 SNSやYouTubeを見て過ごす人も多いので、 時代のニーズに合わせてサービスを変えてきているようですね。



2.どんな設備やサービスがあるの?



最近は仮眠をする人や、生活する人もいるので、 シャワーやランドリーの設備があるところもあります。
中には女性用のパウダールームや、 完全個室で鍵付きの部屋もあるようで、 女性でも安心して過ごすことができます。
また、食事も店内で注文できるので、 外に出なくても食事を済ませることができます。



料金面も、1時間などの短い時間で利用するより、 ○時間パックや、ナイトパックなど、 数時間まとめて利用する人が安く利用できる仕組みに なっているところが多いです。



料金はお店やエリア、曜日でも変わってくるので 利用料が安いところだと、 ナイトパックが始まる時間帯に、 受付ラッシュが始まるそうです。
また、店舗によっては○週間、○ヶ月パックもあり、 長期滞在ができるような仕組みになっているところもあります。



3.住むことはできるの?



上記で述べた設備やサービスを見ると、 ほとんどビジネスホテルと変わりませんよね。
料金も東京都23区内だと1,000~3,500程度で泊まれるので 旅行や終電逃した人にとっては都合のいい施設だと思います。
※料金はあくまで都内の目安なので、 実際に利用する場合は該当店舗の最新の料金を検索してみてください



中には住民票を置ける店舗もあるので、 生活拠点として利用する人がいてもおかしくないと思います。



しかしながら、あくまでネットカフェは宿泊施設ではありません。
事実としてネットカフェ難民と呼ばれる人がいますが、 住んでいいのかどうかはグレーな話で、どちらとも言えません。



家を失ってしまった人にとって、 セーフティーネットになっていることは確かだと思いますが、 ネットカフェという狭い空間で毎日寝泊まりすると 短期間なら問題ないかもしれませんが、 足腰がだんだん辛くなってきます。
日雇いの仕事や、肉体労働をしている人は特に 身体を伸ばして休めないので、壊しやすくなると思います。



あと、筆者が経験したネットカフェでは、 窓がなく換気ができていない店舗だったので空気がよどんでいました。
体調管理にも気をつけないと、 仕事を休むことになり、結果お金がなくなると ネットカフェも利用できず、ホームレス状態になってしまいます。



4.実際にかかる費用ってどのくらい?



実際に生活拠点として利用する場合、 どのくらいの費用がかかるのか概算をご紹介いたします。



ネットカフェを1ヶ月間利用した場合



基本利用料(夜だけ利用した場合) 2,500/日×30日=75,000

シャワー(2日に1回として)   200/回×15回=3,000

ランドリー(週1として)     300/回×4回=1,200




利用してシャワーと洗濯だけで79,200円、 これに食費や携帯代、交通費などを追加するので、 大体10〜15万円程度は1ヶ月あたり必要になるのではないでしょうか。



そのため、ネットカフェ難民と呼ばれる人の中でも、 週に3〜4日程度しか使わない人の割合が55.4%というデータがあり、 その他の日は路上や24時間店舗で過ごして、 収支のバランスをとっているのが長期利用者の状況です。



(出典:住居喪失不安定就労者等の実態に関する調査報告書http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/01/26/14.html



家がなくなってしまったために、 一時的な感覚でネットカフェに寝泊まりをする場合、 1ヶ月もしたら結構お金を使ってしまったことに 気がつくのではないでしょうか。



次に家を確保するお金も、ネットカフェで生活していたら なかなか貯まらないと思います。
そのため、多くのネットカフェ難民と呼ばれる方が 自転車操業のような生活スタイルになってしまい、 現状から抜け出せない状態になってしまうのです。



5.貯金が尽きないうちにどこかに相談しましょう




この記事を読んで、


「あ、やばい、自分がまさにその状況だ。」

「家をすぐ追い出されてしまいそうだし、来月にはネカフェ難民になるわ。」

「仕事はまだ長期の仕事に就いているし大丈夫だろう。」



そう思っている人がいるのであれば、要注意です。
明日にでも行政か支援団体に言って、 どうしたらいいか相談してください。
自分だけではなかなか厳しい状況かなと思います。



どこに相談したらいいかわからない場合や、 以前行ったけど相手にしてもらえなかった経験のある人で、 仕事をして生活を立て直したい場合は、 ぜひいえとしごとに連絡ください!
単に相談するだけで終わらず、家と仕事を見つけた後も、 会社とあなたの間に立って、長く続けられるようにサポートします。



いえとしごとURL:https://ie-shigoto.jp

TOP